土地改良事業の紹介

推進事業

畑地帯総合整備事業

効率的かつ安定的な農業経営を確立するため、畑地帯において必要な用排水施設や農道、区画整理などの生産基盤整備及び営農環境の整備、さらには担い手の 育成・支援を一体的に実施し、畑作物の生産振興及び担い手の経営安定を図ることを目的とした事業です。
再整備出来る施設として農業用用排水施設、農道整備、区画整理が該当します。

負担割合
補助率 国費 30.0%
県費 27.5%
市町費 22.5%

上小岩戸地区のニラ畑

 

スプリンクラーを使った散水

高収益畑作モデル基盤整備事業

経営規模拡大や高収益作物導入を目指す担い手の経営戦略に合わせ区画の拡大などに早期に対応するため、簡易な畑地基盤整備(換地を伴わない)と農地の集積・集約化及び農業用水施設整備をあわせて実施出来ます。
主な実施要件として、(①農地面積が1地区当り10ha未満②受益者数が2者以上③事業実施年度から起算して5年間以上高収益作物を耕作④農地の賃借は農地中間管理事業または利用権設定により実施)があります。

負担割合
補助率 国費 50.0%
県費 40.0%
市町費 10.0%

整備前

 

整備後