トップページ/改良区概要
所在地: 茨城県石岡市貝地二丁目5番5号
国営受益面積: 7,405ha(水田 4,176ha, 畑3,229ha)
関係市町: 石岡市、小美玉市、かすみがうら市、笠間市、茨城町、行方市、鉾田市
組合員数: 11,581人
理事: 定員 30/30 名
監事: 定員 5/5 名
総代: 定員 97/100 名 
職員: 15 名
本土地改良区は、霞ヶ浦(西浦)の北部に位置する洪積台地上の畑地帯とその間に介在する 水田計7,405ha の受益地からなっています。関係する市町村は当初10 市町村でしたが、市町村合併に伴い現在は石岡市、小美玉市を中心に7市町になっています。これらの地域に対して国営石岡台地総合かんがい排水事業により最大10.6 m3 /S の水量を霞ヶ浦から確保し、第1揚水機場を霞ヶ浦(西浦)に設置するとともに、第2、第3 揚水機場、四つの支線機場、五つの幹線用水路(パイプライン)、そのほか県営団体営等で設置された水利施設によりかんがいを行っています。これら国営、県営事業で造成された施設の管理については、第2機場内の管理操作室より専用ケーブルを使用した遠方監視制御装置によって各機場の運転制御、分水量、取水量の調整を実施し合理的な配水を実施しております。
石岡台地管内図
石岡台地土地改良事業推進協議会